INFORMATION

2022.04.01

4月1日から始まる新連載コラム「ひょうごのキノコ」のお知らせ

いつもご愛読いただき、誠にありがとうございます。

現在連載中の朝刊3面コラム「ひょうごの城」は3月31日で終了します。
4 月 1 日からは「ひょうごのキノコ」がスタートします!

山道はもちろん、街中の公園や庭の軒先で、ふとあの丸いかさを見つけたことがあります。そう、キノコです。ひょろっと伸びたもの、岩のように何層にも重なったもの、形も色もさまざまですが、キノコはとっても身近な存在です。突然、現れたり、知らない間に姿を消してしまったり…不思議な存在でもあります。

キノコはカビと同じ菌類で、古代から世界中で食べられてきました。現在世界で6万種、日本で7千種が知られているそうでが、新種も次々見つかっています。連載「ひょうごのキノコ」では1年間にわたって、兵庫県内で出会ういろんなキノコを写真とともに、紹介していきます。山歩きや散歩がちょっと楽しくなれば、と願いながらお届けします。

案内役は「兵庫きのこ研究会」の皆さんです。

販売価格は220円(税込み)ですが、、
今回、誠にささやかですが切り抜きノートをプレゼントさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい!
※数量に限りがあり、在庫がなくなり次第終了とさせて頂きます。

TICKET

チケット(無料)をご希望のお客様は、気軽にお問い合わせをお願い致します。
また、チケットは数量に限りがございますので、お一人様2枚までとさせて頂きます。在庫切れの際は何とぞご容赦下さい。

お問い合わせ

PRESENT

山道はもちろん、街中の公園や庭の軒先で、ふとあの丸いかさを見つけたことがあります。そう、キノコです。ひょろっと伸びたもの、岩のように何層にも重なったもの、形も色もさまざまですが、キノコはとっても身近な存在です。突然、現れたり、知らない間に姿を消してしまったり…不思議な存在でもあります。

キノコはカビと同じ菌類で、古代から世界中で食べられてきました。現在世界で6万種、日本で7千種が知られているそうでが、新種も次々見つかっています。連載「ひょうごのキノコ」では1年間にわたって、兵庫県内で出会ういろんなキノコを写真とともに、紹介していきます。山歩きや散歩がちょっと楽しくなれば、と願いながらお届けします。

お問い合わせはこちら >